アウトドアカフェ・山小屋 様

上尾駅から徒歩25分という立地にある、アウトドアカフェ・山小屋。繁華街に出店するつもりはなく、半径2km以内に同業者もいない、幹線道路に面しておらず、十字路の場所でもない所を探してわざわざ店舗を作ったとのこと。大事なのは駐車場のスペースがたっぷり取れる場所。そして、うちの店でなけれえばならない「オンリーワン」の商品作り。これがうまくいけば、立地は問題になりません。という、店舗のプランニング経験もある店長の松本さん。
そこで大切にしたのは「自家製コーヒー」と「手作りのパン」。コーヒー豆を店内で焙煎しながらパンをアピール。予想以上に人気のあったのは「山小屋○パン」というミルクパン。当初より3倍の量を作るようになり、パンニーダーPK2020が大活躍。
材料を入れたらスイッチを入れて25分間まわす。これを1日3回行い、できた生地は冷蔵庫で12時間以上熟成させ、翌朝その生地をこねて成形・焼き上げ。手のひらに乗るくらいの丸パンは、グルテンがしっかりと形成されたもちもち感のある独特な食感。なんともいえない甘みとミルクの味がしっかりして、なつかしい気分にしてくれるパン。

オープン時は手ごねで仕込んでいたけれど、忙しい中でもこね作業はもう地獄。ということで1度機械を導入。しかしすぐに壊れてしまい、その後PK2020を導入されました。前の機械より大量に仕込めて、設置するスペースも前の機械と変わらず。狭いキッチンでも問題なく入りました。駆動音が小さいのでお客さんがいる時間でも追加の仕込みができ、モーター熱が熱くならないので1時間以上連続使用できるのもありがたいです。

■店舗情報■
アウトドアカフェ・山小屋
埼玉県上尾市 菅谷2丁目86−3

各記事の内容は、取材当時の情報です。
詳細は各店舗までお問い合わせください。
PAGE TOP