冬におすすめのパンレシピ

冬におすすめのパンレシピ

クリスマスと言えば、パネトーネ・クグロフ・シュトーレン!
バレンタインにはチョコレート系!

冬におすすめのレシピをご紹介します。

シュトレン(シュトーレン)

14世紀頃に、ドイツ・ザクセン州のドレスデンで発祥したと言われています。
ドライフルーツやナッツが練りこまれていて、表面に砂糖がまぶされている菓子パン。
クリスマスを待つアドベントの間に少しずつ切って食べます。

パネトーネ(パネットーネ)

イタリア・ミラノの名産です。
パネットーネ酵母を使ったブリオッシュパンのこと。また、ドライフルーツが入った菓子パンで、シュトーレンと違ってふかふかしています。
パネットーネ酵母とは、仔牛の小腸から採取される特殊なイーストで、発酵とベンチタイムを何度も行い手間のかかるパン。 クリスマス前になると親族や友人に配っていたようです。

クグロフ

フランス・アルザス地方の名産です。
アーモンドとキルシュヴァッサー(お酒)で香りを付けた干しブドウをクグロフ型に入れて、ブリオッシュ風の生地を入れたもので、食べる前に粉砂糖を振りかけます。 オーストリアではクリスマスには欠かせないものだが、アルザス地方では一年中パン屋さんにおいてあります。

バレンタインにおすすめレシピ

その他のレシピはこちらから